企画展「くらしのうつりかわり展-道具の知恵と工夫-」終了

開館以来、昭和のくらしを振り返る「くらしのうつりかわり展」を毎年開催。同展覧会には、小学校3・4年生の社会科および総合的な学習の時間の一環として、多くの小学校が来館している。また、昭和世代の博物館ボランティアから平成世代の小学生へと、文化を受け継ぐ交流の場としての役割も果たしている。今回は「道具の知恵と工夫」をテーマに、昭和初期から40年代ごろまでの生活道具を中心に紹介する。

ジャンル
展覧会
開催地
明石市立文化博物館 1階特別展示室
開催期間
2017年2月12日(日)~3月26日(日)
09:30~18:30
会期中無休、入館は18時まで
料金
有料 大人200円、大高生150円、中学生以下無料 ※20名以上の団体は2割引、高年手帳等(65歳以上)・障がい者手帳提示にて半額、明石市シニアいきいきパスポート提示で無料
連絡先
明石市立文化博物館 078-918-5400
関連URL
http://www.akashibunpaku.com/exhibition/?id=116(外部サイト)
住所
〒673-0846 兵庫県明石市上ノ丸2丁目13番1号
アクセス(車)
第2神明大蔵谷出口より南西へ10分
アクセス(公共交通)
JR・山陽電鉄「明石」駅より北へ徒歩5分
最寄駅

明石駅から徒歩5分

山陽明石駅から徒歩5分

駐車場
あり(32台)1時間につき1台100円、1時間未満の端数は1時間とする
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(47件)

周辺の施設(5000件)

雪質・積雪量・滑走情報・全国積雪ランキングなど 天気&ゲレンデ情報2017-2018
AIとチャットで気分にぴったりの旅選び