九州歴史資料館企画展「筑後川北岸の古代遺跡-大分自動車道開通30周年記念-」終了

企画展「筑後川北岸の古代遺跡」ポスター

大分自動車道は、佐賀県鳥栖市から福岡県を東西に横断して大分県大分市に至る総延長130kmあまりにも渡る高速道路で、平成29年(2017)2月5日には、開通30周年を迎える。道路建設に先立って福岡県が行った発掘調査では、筑後川北岸地域の遺跡が数多く明らかとなった。この展覧会では、大分自動車道開通30周年を記念して、発掘調査によって明らかとなった筑後川北岸の古代遺跡を発掘資料と共に紹介する。

ジャンル
展覧会、展示会・展示イベント
開催地
九州歴史資料館
開催期間
2017年1月17日(火)~3月20日(月)
09:30~16:30
休館日は月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休み)、入館は16:00まで
料金
無料 
連絡先
九州歴史資料館 0942-75-9575
関連URL
http://www.fsg.pref.fukuoka.jp/kyureki/(外部サイト)
住所
〒838-0106 福岡県小郡市三沢5208-3
アクセス(車)
九州自動車道「筑紫野」IC、大分自動車道「小郡」ICから約15分
アクセス(公共交通)
西鉄天神大牟田線「三国ヶ丘」駅下車、徒歩約10分・JR鹿児島本線「原田」駅下車、タクシーで5分
最寄駅

三国が丘(福岡)駅から徒歩8分

津古駅から徒歩14分

駐車場
あり(90台)駐車無料
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(24件)

周辺の施設(1472件)

雪質・積雪量・滑走情報・全国積雪ランキングなど 天気&ゲレンデ情報2017-2018
AIとチャットで気分にぴったりの旅選び