クラーナハ展 -500年後の誘惑終了

ルカス・クラーナハ(父) ホロフェルネスの首を持つユディト 1525/30年頃 油彩/板(菩提樹) 87×56cm ウィーン美術史美術館 (C)KHM-Museumsverband

ローマ、ロンドン、パリ、ブリュッセルでのクラーナハ展を越える展覧会、ついに日本で開催決定! 世界10ヵ国以上から、クラーナハ作品が日本へ。1517年に開始された宗教改革から、ちょうど500年を数える2017年に開催されるこの展覧会は、クラーナハの絵画が時を超えて放つ「誘惑」を体感する、またとない場となるはず。

ジャンル
展覧会
開催地
国立国際美術館(大阪・中之島)
開催期間
2017年1月28日(土)~4月16日(日)
10:00~17:00
休館日は月曜日(但し、3/20は開館、3/21は休館) 金曜日は19:00まで開館。入場は閉館30分前まで。
料金
有料 一般1,600(1,400)円/大学生1,200(1,000)円/高校生600(500)円 ※( )内は前売料金。前売券の販売は、1/27まで
連絡先
クラーナハ展 大阪事務局 06-4862-5777
関連URL
http://www.tbs.co.jp/vienna2016/osaka/(外部サイト)
住所
〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4-2-55
アクセス(公共交通)
大阪市営地下鉄 四つ橋線「肥後橋」駅(3番出口)より、西へ徒歩10分
最寄駅

渡辺橋駅から徒歩4分

肥後橋駅から徒歩5分

駐車場
なし
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(16件)

周辺の施設(3138件)

雪質・積雪量・滑走情報・全国積雪ランキングなど 天気&ゲレンデ情報2017-2018
AIとチャットで気分にぴったりの旅選び