木×仏像(きとぶつぞう)-飛鳥仏から円空へ 日本の木彫仏1000年終了

重要文化財 木造 宝誌和尚立像 平安時代(11世紀) 京都・西往寺(部分)

日本の木彫仏の魅力を再発見することを目的とし、素材である「木」に注目しながら鑑賞する企画展。日本人にとって身近であり祈りの対象でもある樹木を伐り出し、大地から切り離された「木」に彫られた仏像や神像、それが木彫像。本展では仏像の素材となった木の種類、木材の用いられ方など素材に注目し、仏像に込められた深い意味を理解する手掛かりとする。また仏像の素材と共に、彫刻作品としての卓越した「技」にも注目する。

ジャンル
展覧会
開催地
大阪市立美術館
開催期間
2017年4月8日(土)~6月4日(日)
09:30~17:00
月曜休館(ただし5/1は開館)※入館は16時30分まで
料金
有料 一般1,300円(団体1,100円)、高大生1,100円(団体900円)、中学生以下・障がい者手帳所持者(介護者1名を含む)は無料(要証明)
連絡先
大阪市総合コールセンター なにわコール 06-4301-7285
関連URL
http://www.osaka-art-museum.jp(外部サイト)
住所
〒543-0063 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82
アクセス(公共交通)
JR・地下鉄「天王寺」駅、近鉄「大阪阿部野橋」駅下車北西へ400m
最寄駅

天王寺駅前駅から徒歩7分

天王寺駅から徒歩7分

駐車場
なし
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(72件)

周辺の施設(1502件)

雪質・積雪量・滑走情報・全国積雪ランキングなど 天気&ゲレンデ情報2017-2018
AIとチャットで気分にぴったりの旅選び