招き猫亭コレクション 猫まみれ展終了

高橋弘明《ジャパニーズ・ボブテイル》1924年

猫を愛してやまない美術コレクター・招き猫亭氏が約40年に渡り収集してきた、猫をモティーフにした美術品の数々を一挙に紹介する。今展では、猫に魅了されて生み出された絵画、版画、彫刻などを多数のコレクションから選りすぐり、テオフィル・アレクサンドル・スタンラン、オーブリー・ビアズリー、レオナール・フジタ(藤田嗣治)、横尾忠則の作品など、数多くの作家の作品を鑑賞できる。

ジャンル
展覧会
開催地
川越市立美術館
開催期間
2017年1月14日(土)~3月12日(日)
09:00~17:00
月曜日休館 ※入場は16:30まで
料金
有料 大人500円(400円)、大高生250円(200円)、中学生以下無料 ※( )内は20名以上の団体料金
連絡先
川越市立美術館 049-228-8080
関連URL
https://www.city.kawagoe.saitama.jp/artmuseum/tokubetutenji/toku-index.html(外部サイト)
住所
〒350-0053 埼玉県川越市郭町2-30-1
アクセス(公共交通)
東武東上線・JR埼京線(川越線)「川越」駅、西武新宿線「本川越」駅からそれぞれバス等
駐車場
あり(50台)障害者用駐車場8台
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(40件)

周辺の施設(5000件)

雪質・積雪量・滑走情報・全国積雪ランキングなど 天気&ゲレンデ情報2017-2018
AIとチャットで気分にぴったりの旅選び