吉岡正人展 ~永遠なる物語をつむぐ画家~終了

吉岡正人《種を持つ》 2011年 テンペラ・油彩・キャンバス 194.0×259.0cm

今展は、西洋の古典技法であるテンペラを駆使した作品を描き続ける画家・吉岡正人の画業を回顧する展覧会。国内だけでなくイタリアにおける個展の開催や、埼玉大学教授などとして後進の指導にも尽力されるなど、多彩な活動を続ける芸術家。今展では、小学生の時に描かれた作品や学生時代のデッサンなどから、二紀展への出品作である代表作を中心に、近年までの作品を一堂に集め展覧し画家としての成長や変遷を辿る。

ジャンル
展示会・展示イベント
開催地
サトエ記念21世紀美術館
開催期間
2016年9月24日(土)~2017年3月12日(日)
10:00~17:00
月曜日休館(但し、10/10・11/14は開館し、10/11・11/15は休館)、年末年始休館(12/24~1/10)
料金
有料 入館料:一般900円、大学生・高校生700円、小中学生600円、障がい者500円、未就学児無料
連絡先
サトエ記念21世紀美術館 0480-66-3806
関連URL
http://www.satoe-museum.or.jp/index.html(外部サイト)
住所
〒347-0022 埼玉県加須市水深大立野2067
アクセス(車)
東北自動車道久喜ICおよび加須ICより8分
アクセス(公共交通)
東武伊勢崎線花崎駅より徒歩20分
駐車場
あり(60台)無料
屋内外
屋内
備考
展覧会記念特別講演「吉岡正人・画業と人生を大いに語る」(11/27・14時~)

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(9件)

周辺の施設(1544件)

雪質・積雪量・滑走情報・全国積雪ランキングなど 天気&ゲレンデ情報2017-2018
AIとチャットで気分にぴったりの旅選び