学芸員講話「300万年前、相模原は海だった~相模野台地の土台をつくる地層の話~」終了

学芸員講話第7回は、「300万年前、相模原は海だった~相模野台地の土台をつくる地層の話~」をテーマに、地質担当学芸員が講演を行う。相模野台地の土台をつくっている地層は中津層群と呼ばれ、300万年前に海で堆積した泥や砂が固まってできた。中津層群の最新の研究からわかった300万年前の相模原周辺の地質や地形について語る。申込み不要、先着200名。

ジャンル
講座・講演・シンポジウム
開催地
相模原市立博物館 大会議室
開催期間
2020年1月26日(日)
14:00~16:00
13時30分開場
料金
無料 参加費無料
連絡先
相模原市立博物館 042-750-8030
関連URL
http://sagamiharacitymuseum.jp/blog/event/r1-curator-lecture-geology/(外部サイト)
住所
〒252-0221 神奈川県相模原市中央区高根3-1-15
アクセス(車)
圏央道「相模原愛川」ICから約6km・東名高速道路「横浜町田」ICから約11km
アクセス(公共交通)
JR淵野辺駅からバスで「市立博物館前」下車すぐ
最寄駅

淵野辺駅から徒歩13分

駐車場
あり(95台)駐車無料 ※95台のうち4台は障害者用駐車場
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(86件)

周辺の施設(5000件)

毎日更新!雪質、積雪量、滑走情報、ランキング 天気&ゲレンデ情報2019-2020
gooっと一杯 ビール1杯の価格や銘柄からお店が探せるアプリ