特別展2020 日・チェコ交流100周年「ミュシャと日本、日本とオルリク」開催中

アルフォンス・ミュシャ 《羽根》1899年 インテック

19世紀末から20世紀にかけて、ジャポニスムと呼ばれる日本文化への熱狂がヨーロッパの各地で起こった。パリで活躍したアルフォンス・ミュシャ、実際に日本に来て木版画技法を学び持ち帰ったエミール・オルリックは、ともにチェコ人だった。今展では、工芸が盛んなチェコ独特のジャポニスム表現のほか、ミュシャやオルリックを通じて新たに展開した日本の版画表現についてもあわせて紹介する。

ジャンル
展覧会
開催地
和歌山県立近代美術館
開催期間
2019年11月2日(土)~12月15日(日)
09:30~17:00
休館日は11/5・13・18・25、12/2・9 ※入館は16:30まで
料金
有料 一般1000(800)円、大学生800(640)円 ※( )内は20名以上の団体料金、高校生以下・65歳以上・障害者の人・県内に在学中の外国人留学生は無料
連絡先
和歌山県立近代美術館 073-436-8690
関連URL
http://momaw.jp/(外部サイト)
住所
〒640-8137 和歌山県和歌山市吹上1−4−14
アクセス(車)
阪和自動車道和歌山ICより和歌山城方面へ約15分
アクセス(公共交通)
JR和歌山駅または南海電鉄和歌山市駅からバスで約10分、「県庁前」下車、徒歩2分
駐車場
あり(90台)2時間まで無料、以後30分ごとに100円
屋内外
屋内
備考
演奏者による解説つきコンサート 11月24日(日)14時~ 西島麻子出演、先着100名

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(66件)

周辺の施設(5000件)

毎日更新!雪質、積雪量、滑走情報、ランキング 天気&ゲレンデ情報2019-2020
gooっと一杯 ビール1杯の価格や銘柄からお店が探せるアプリ