日本文学文化における「都鄙」終了

日本の古典文学は、都で作られた都人のための作品が多く、伝統的文学は都の文学がほとんどで、地方を描いた作品は近世初期に出版が一般的になった庶民文化が発生してから。今講座では日本文学、特に古典文学の都鄙について考える。申込は東洋大学公開講座Web等から。10日前までに申し込み。

ジャンル
講座・講演・シンポジウム
開催地
東洋大学白山キャンパス
開催期間
2019年11月23日(土)~12月7日(土)
14:45~16:15
開催日:11/23・11/30・12/7(全3回)
料金
有料 4,950円
連絡先
東洋大学社会貢献センター(エクステンション課) 03-3945-7635
関連URL
https://www.toyo.ac.jp/social-partnership/csc/koza/2019list/koza-b/(外部サイト)
住所
〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20
アクセス(公共交通)
都営三田線「白山」駅・東京メトロ南北線「本駒込」駅より徒歩5分
最寄駅

白山(東京)駅から徒歩4分

本駒込駅から徒歩5分

駐車場
なし 自転車又はバイクの駐輪場も利用不可、公共交通機関を利用。
屋内外
屋内
備考
東洋大学公開講座 2019秋期エクステンション講座B-8

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(20件)

周辺の施設(1485件)

毎日更新!雪質、積雪量、滑走情報、ランキング 天気&ゲレンデ情報2019-2020
gooっと一杯 ビール1杯の価格や銘柄からお店が探せるアプリ