特集展示 生誕150年記念 船場の絵描き「庭山耕園 -近代大阪の四条派-」終了

庭山耕園 《雨中燕子花図》 近代 本館蔵(庭山慶一郎氏寄贈)

庭山耕園(1869-1942)は、明治2年に姫路で生まれ、大阪の船場を中心に活躍した絵師。四条派の上田耕冲(1819-1911)に師事し、写生を基本に季節感あふれる瀟洒な花鳥画を多く描いた。床の間に飾られ、部屋との調和が大切にされた耕園の作品、いわゆる「床映り」が重視された作品は、大阪の人々に広く親しまれた。生誕150年を記念し、館蔵・寄託の作品により耕園の画業を紹介する。

ジャンル
展覧会
開催地
大阪市立美術館
開催期間
2019年12月18日(水)~2020年2月9日(日)
09:30~17:00
休館日:月曜日(祝休日の場合は開館し、翌平日休館)、年末年始(12月28日~1月4日) ※災害などにより臨時に休館する場合あり ※入館は16時30分まで
料金
有料 一般300円(団体150円)、高大生200円(団体100円)、中学生以下・障がい者手帳等所持者(介護者1名を含む)・大阪市内在住の65歳以上は無料(要証明)※団体は20名以上
連絡先
大阪市立美術館 06-6771-4874
関連URL
https://www.osaka-art-museum.jp/def_evt/(外部サイト)
住所
〒543-0063 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82
アクセス(公共交通)
JR・Osaka Metro天王寺駅、近鉄大阪阿部野橋駅下車北西へ400m
最寄駅

天王寺駅前駅から徒歩6分

天王寺駅から徒歩7分

駐車場
なし
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(82件)

周辺の施設(1815件)

毎日更新!雪質、積雪量、滑走情報、ランキング 天気&ゲレンデ情報2019-2020
gooっと一杯 ビール1杯の価格や銘柄からお店が探せるアプリ