福岡アジア美術館 開館20周年記念展「アジア美術、100年の旅」開催中

ナイン・ウィン「シュエダゴン・パゴダの西入口」1985年、福岡アジア美術館蔵

開館20周年を記念し、約3000点のコレクションのなかから、アジア美術の100年を旅する作品を紹介する。展覧会の第一部では「東アジア」「東南アジア」「南アジア」の重要作品にくわえ、民俗芸術、大衆芸術など、同館以外ではまとめて見ることのできない作品、約350点を一挙大公開。第二部「アジアのなかの福岡」では、同館のレジデンス事業で滞在したアジアの作家たちが福岡で生み出した作品を紹介する。

ジャンル
展覧会
開催地
福岡アジア美術館
開催期間
2019年10月5日(土)~11月26日(火)
09:30~18:00
毎週水曜日は休館日。金曜日、土曜日は20時まで。ギャラリー入室は閉室30分前まで。
料金
有料 一般1,000円(800円)、高大生800円(600円)、中学生以下無料  ※( )内は20人以上の団体、満65歳以上で年齢を確認できる証明書の提示者等の料金
連絡先
福岡アジア美術館 092-263-1100
関連URL
https://faam.city.fukuoka.lg.jp/exhibition/7876/(外部サイト)
住所
〒812-0027 福岡県福岡市博多区下川端町3-1リバレインセンタービル7・8階
アクセス(車)
福岡都市高速道路呉服町出口から約1km
アクセス(公共交通)
市営地下鉄「中洲川端」駅
最寄駅

中洲川端駅から徒歩2分

呉服町(福岡)駅から徒歩6分

駐車場
あり(950台)リバレインセンタービルの地下(有料)
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(517件)

周辺の施設(5000件)

全国700地点以上 今見頃の紅葉名所は?紅葉情報2019
gooっと一杯 ビール1杯の価格や銘柄からお店が探せるアプリ