特定外来生物クビアカツヤカミキリの脅威と対策 ~被害と防除の最前線~終了

生物多様性センター

近年、全国各地で特定外来生物クビアカツヤカミキリの分布拡大と、それに伴うサクラやモモなどの樹木への被害が深刻化している。大阪府においても、2015年に成虫が確認されて以降、分布の拡大が継続している。これ以上の分布拡大を食い止めるため、全国の被害の現状や、防除に関する先進的な取り組みを一般の皆様に広く周知することを目的としたフィールドシンポジウムを開催する。

ジャンル
講座・講演・シンポジウム
開催地
大阪府立大学I-siteなんば
開催期間
2019年7月31日(水)
13:00~17:30
開場 12時30分、講演会 13時00分~15時30分、現地見学会 16時30分~17時30分 ※現地見学会は希望者のみ。講演会場から見学会場まで、見学会場からなんば駅まで、貸切バスで送迎予定。
料金
無料 
連絡先
生物多様性センター 072-833-2770
関連URL
http://www.kannousuiken-osaka.or.jp/kankyo/info/doc/2019062600026/(外部サイト)
住所
〒556-0012 大阪府大阪市浪速区敷津東2丁目1番41号南海なんば第1ビル2階・3階
アクセス(公共交通)
南海電鉄「なんば駅(中央出口)」下車、南海線東側の道を南へ約800m、徒歩約12分
最寄駅

今宮戎駅から徒歩4分

大国町駅から徒歩5分

駐車場
なし
屋内外
屋内
備考
障がい等があり、参加にあたり配慮を希望する場合は事前に相談を。

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(104件)

周辺の施設(1459件)

紫外線指数情報
gooっと一杯 ビール1杯の価格や銘柄からお店が探せるアプリ