世界遺産登録12周年記念 3種の丁銀を展示開催中

左から「文禄石州丁銀」、「御取納丁銀」、「御公用丁銀」

文禄石州丁銀は、文禄2(1593)年4月に作られた丁銀で、豊臣秀吉が朝鮮進出を企てた文禄の役に際して軍資金や恩賞用に作らせたと言われる丁銀。「石見」と打刻されていることから石州銀を使用していることが確実で、製作年代も具体的に判る重要な丁銀である。ほか、毛利元就が正親町天皇の即位に際して献納した御取納丁銀(唯一の控え)、上納用の御公用丁銀の計三点を限定展示。

ジャンル
展覧会、展示会・展示イベント
開催地
島根県立古代出雲歴史博物館 常設展(総合展示室)
開催期間
2019年6月19日(水)~7月28日(日)
09:00~18:00
休館日7月9日(火)※入館は閉館時間の30分前まで
料金
有料 一般610円、大学生410円、小中高生200円
連絡先
島根県立古代出雲歴史博物館 0853-53-8600
関連URL
https://www.izm.ed.jp/cms/news.php?mode=yoyakuadd&id=1795(外部サイト)
住所
〒699-0701 島根県出雲市大社町杵築東99-4
アクセス(車)
山陰道「出雲」ICより約20分、または石見銀山から国道9号線・くにびき浜岸道路経由約70分
アクセス(公共交通)
JR出雲市駅からバス約30分(正門前)、または一畑電車「出雲大社前」駅から徒歩約7分
最寄駅

出雲大社前駅から徒歩8分

駐車場
あり(244台)244台のほか、身障者用6台、観光バス用15台(要予約)、駐輪場あり
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(26件)

周辺の施設(716件)

紫外線指数情報
gooっと一杯 ビール1杯の価格や銘柄からお店が探せるアプリ