ギャラリー展「出雲の赤-縄文・弥生時代編-」開催中

縄文土器に塗られた赤(出雲市京田遺跡)

出雲の赤といえば、日本海に沈む夕日やたたら製鉄の炎を思い浮かべる人も多いことだろう。強い神秘的なエネルギーをもつ太陽や炎、それらが発する「赤」という色に、人びとは同じ効果を感じてきた。はるか昔から、出雲でも大切なモノに「赤」(赤色顔料)を塗り、儀礼を行ってきた。今回の展示では、出雲市内の縄文・弥生時代の資料を中心に、当時の人たちが「赤」をどのように使ってきたのかを紹介する。

ジャンル
展覧会、展示会・展示イベント
開催地
出雲弥生の森博物館
開催期間
2019年5月29日(水)~8月26日(月)
09:00~17:00
休館日は毎週火曜日(祝日と重なる場合は翌平日)、入館は16:30まで
料金
無料 
連絡先
出雲弥生の森博物館 0835-25-1841
関連URL
http://www.city.izumo.shimane.jp/yayoinomori(外部サイト)
住所
〒693-0011 島根県出雲市大津町2760番地
アクセス(車)
山陰道斐川ICより出雲ロマン街道(簸川南広域農道)経由で約10分
アクセス(公共交通)
一畑電車「大津町」駅より徒歩約20分、三刀屋出雲線「出雲弥生の森博物館前」よりすぐ
駐車場
あり(117台)駐車無料、バス専用4台&身障者4台あり
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

紫外線指数情報
gooっと一杯 ビール1杯の価格や銘柄からお店が探せるアプリ