20世紀の工芸 日本×西洋 -新しい表現を求めてー終了

20世紀の工芸 日本×西洋

今展では、東京国立近代美術館の所蔵作品から、大正・昭和の日本の工芸作品と関連する西洋のデザイン作品(アール・ヌーヴォー、アール・デコなど)を展示。明治時代に欧米から人気を集めた、日本独自の美意識と高い技術により製作された工芸品が、新しい表現を求めた作家達によって、西洋の動向を捉えつつ独自の表現へ昇華していく過程を紹介する。 出品作家:板谷波山、富本憲吉、ルネ・ラリック、アルフォンス・ミュシャ他

ジャンル
展覧会
開催地
川越市立美術館
開催期間
2019年4月27日(土)~6月16日(日)
09:00~17:00
月曜日休館(4月29日、5月6日は開館)、5月7日 ※入場は16:30まで
料金
有料 大人500円(400円)、大高生250円(200円)、中学生以下無料 ※( )内は20名以上の団体料金
連絡先
川越市立美術館 049-228-8080
関連URL
https://www.city.kawagoe.saitama.jp/artmuseum/tokubetutenji/toku-index.html(外部サイト)
住所
〒350-0053 埼玉県川越市郭町2-30-1
アクセス(公共交通)
東武東上線・JR埼京線(川越線)「川越」駅、西武新宿線「本川越」駅からそれぞれバス等
駐車場
あり(50台)障害者用駐車場8台
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(35件)

周辺の施設(5000件)

紫外線指数情報
gooっと一杯 ビール1杯の価格や銘柄からお店が探せるアプリ