飛鳥資料館春期特別展「骨ものがたりー環境考古学研究室のお仕事」終了

(C)奈良文化財研究所

奈良文化財研究所では、環境考古学研究室が中心となって、考古学的な視点から骨に関わる調査研究を行っている。今回の展覧会では、東日本大震災の復興調査支援で分析している縄文時代の巨大マグロの骨や、飛鳥時代や奈良時代の遺跡で見つかった骨にスポットを当てて、環境考古学研究室の調査研究により見えてきた、驚くべき古代の人々と動物との関わりを紹介する。

ジャンル
展覧会、展示会・展示イベント、映画・映像
開催地
飛鳥資料館 特別展示室
開催期間
2019年4月23日(火)~6月30日(日)
09:00~16:30
月曜休館、ただし4月29日(月・祝)~5月6日(月・振休)は開館、5月7日(火)は休館 入館は16時まで、
料金
有料 一般270円(170円)、大学生130円(60円) ※( )は20名以上の団体 高校生および18歳未満と65歳以上は無料
連絡先
飛鳥資料館 0744-54-3561
関連URL
https://www.nabunken.go.jp/asuka/kikaku/post-38.html(外部サイト)
住所
〒634-0102 奈良県高市郡明日香村奥山601
アクセス(車)
南阪奈自動車道「葛城」ICより約13km 西名阪自動車道「天理」ICより約17km
アクセス(公共交通)
近鉄橿原神宮前駅または飛鳥駅から「明日香周遊バス(赤かめ)」で明日香奥山・飛鳥資料館西下車徒歩3分
駐車場
あり(11台)普通車まで11台分無料駐車場あり 大型車等は道路向にある有料駐車場を利用(大型車 3,000円)
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(156件)

周辺の施設(877件)

紫外線指数情報
gooっと一杯 ビール1杯の価格や銘柄からお店が探せるアプリ