特別展「大安禅寺の名宝」終了

(C)福井市立郷土歴史博物館

大安禅寺は福井藩4代藩主松平光通が、大愚宗築禅師を開山に迎え、万治元年(1658)に松平家の菩提所として建立、歴代藩主の帰依を受けた。江戸時代の福井を代表する絵師・狩野元昭の本堂障壁画をはじめ、歴代藩主や藩士から寄進された宝物も多く、江戸時代の文化の宝庫といえる。創建より約360年、今春より10年以上にわたる伽藍の大規模修理が始まることにあわせ、大安禅寺に伝わる宝物が一堂に展示される。

ジャンル
展覧会
開催地
福井市立郷土歴史博物館
開催期間
2019年4月11日(木)~5月6日(月)
09:00~19:00
4月15日(月)は休館 入館は閉館の30分前まで
料金
有料 一般 700円、高大生500円、中学生以下・70歳以上・障がい者とその介助者は無料
連絡先
福井市立郷土歴史博物館 0776-21-0489
関連URL
http://www.history.museum.city.fukui.fukui.jp/tenji/tenran/daianzenji.html(外部サイト)
住所
〒910-0004 福井県福井市宝永3-12-1
アクセス(車)
北陸自動車道「福井北」ICより約6km
アクセス(公共交通)
JR「福井」駅より徒歩約15分
最寄駅

仁愛女子高校駅から徒歩6分

新福井駅から徒歩7分

駐車場
あり(30台)駐車無料
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(52件)

周辺の施設(5000件)

紫外線指数情報
gooっと一杯 ビール1杯の価格や銘柄からお店が探せるアプリ