紫草と万葉の花展終了

万葉集に詠みこまれた約120種類もの植物を実物展示するという他に類を見ない展示会。特に、万葉を象徴し絶滅危惧種で幻の野草ともいわれる『古代紫草(むらさき)』開花株は必見。これまでNHKテレビニュースで毎回放映されるなど、好評を博しての第4回目、2週に渡る拡大開催。紫草から得られる色素による紫染め作品や関連資料の展示、万葉染料を用いた草木染布、和紙製品、古代米などの販売もあり。

ジャンル
花・植物のイベント、健康・福祉・教育、観察・ウォッチング、展示会・展示イベント
開催地
埼玉伝統工芸会館
開催期間
2019年5月25日(土)~6月2日(日)
10:00~16:00
月曜(5/27)休館・最終日(6/2)は15時まで
料金
無料 入場無料
連絡先
NPO法人紫草と万葉の会 080-9532-0015
関連URL
http://manyo.org/mura_tenji_2015_6.html(外部サイト)
住所
〒355-0321 埼玉県比企郡小川町小川1220研修棟内
アクセス(車)
関越自動車道 嵐山・小川ICから10分
アクセス(公共交通)
東武東上線・JR八高線「小川町」駅から徒歩40分、又は小川パークヒル行バス「伝統工芸会館前」下車1分
駐車場
あり(180台)駐車無料
屋内外
屋内
備考
開催場所は「道の駅」で展示館や物産館、和紙の紙漉き体験、食事処もあり

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(10件)

周辺の施設(825件)

紫外線指数情報
gooっと一杯 ビール1杯の価格や銘柄からお店が探せるアプリ