廿日市市市制施行30周年記念事業「目眩く木」終了

廿日市市で制作する金属造形作家の桑田覚、村中保彦と、洋画家の山本美次が「木」を素材とした制作を試み、これまでの作品と交えた実験的な展覧会を開催。桑田は木の表面に無数の刻み目をメッシュ状に施し素材そのものがもつ魅力を表出。村中は木と金属を組み合わせたヤジロベエのような立体をインスターレーションとして展開し軽やかさを表現。山本は板状の欅にローケツ染を施し木目と染めで浮かびあがるイメージとの調和を図る。

ジャンル
展覧会
開催地
アートギャラリーミヤウチ
開催期間
2019年3月17日(日)~5月12日(日)
11:00~18:00
休館日:火・水曜日(但し4/30・5/1は開館) ※入館は開館時間の30分前まで
料金
有料 一般500円、学生300円(高校生以下または18歳未満・各種障がい者手帳所持者は無料)※同時開催の「七搦綾乃 個展」も観覧可
連絡先
公益財団法人みやうち芸術文化振興財団・アートギャラリーミヤウチ 0829-30-8511
関連URL
http://miyauchiaf.or.jp/agm/exhibition_mekurumekuki.html(外部サイト)
住所
〒738-0034 広島県廿日市市宮内4347-2
アクセス(公共交通)
JR山陽本線「宮内串戸」駅から広電バスにて約10分、佐原田停留所下車すぐ
駐車場
あり(10台)
屋内外
屋内
備考
会期中ワークショップあり(詳細はHP参照または問い合わせを)

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(36件)

周辺の施設(2431件)

今日の飛散レベルやコラムで花粉対策!花粉対策特集2019
gooっと一杯 ビール1杯の価格や銘柄からお店が探せるアプリ