松浦コレクション お気に入りの福沢一郎終了

福沢一郎《母子》1935年

群馬県富岡市出身のコレクター、松浦英夫さんが長年にわたって収集した福沢一郎作品を前期・後期に分けて紹介する。松浦さんは小学生の時に福沢作品に出会ったことをきっかけに、51歳という年齢差を超えて福沢一郎と交流し、東京のアトリエに通いながら45年にわたり90点にも上る作品を収集した。個人としては日本随一の質と量を誇るコレクションを、コレクター自身の作品との思い出などと併せて紹介する。

ジャンル
展覧会
開催地
富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館
開催期間
2018年11月16日(金)~2019年3月31日(日)
09:30~17:00
休館日:月曜日(ただし休日の場合は翌日)、年末年始(12/27~1/4)、展示替えに伴う臨時休館(2/4~2/7)。入館は16時30分まで
料金
有料 一般210円/65歳以上、大学・高校生100円/中学生以下無料※企画展開催時は別料金
連絡先
富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館 0274-62-6200
関連URL
http://www.city.tomioka.lg.jp/www/genre/0000000000000/1387242529968/index.html(外部サイト)
住所
〒370-2344 群馬県富岡市黒川351-1
アクセス(車)
上信越自動車道「富岡」ICまたは「下仁田」ICから15分
アクセス(公共交通)
上信電鉄上州富岡駅・JR信越線磯部駅からいずれもタクシーで10分
駐車場
あり(100台)駐車無料
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

毎日更新!雪質、積雪量、滑走情報、ランキング 天気&ゲレンデ情報2019-2020
gooっと一杯 ビール1杯の価格や銘柄からお店が探せるアプリ