水彩画の魅力 ターナーから清水登之まで終了

鑑賞だけでなく実践としても人々に愛され続ける水彩画は、明治時代に西洋画技法の一つとして移入され、学校教育に取り入れられて普及した。明治時代には専門雑誌『みづゑ』が刊行され画家たちの関心を集めており、その成果は多彩に花開いた。コレクションのなかから、J・M・W・ターナーやデイヴィッド・コックス、河野次郎のほか、五百城文哉、清水登之、小山田二郎、草間彌生などの多様な水彩による表現を約150点で紹介。

ジャンル
展覧会
開催地
栃木県立美術館
開催期間
2019年1月12日(土)~3月24日(日)
09:30~17:00
月曜日休館(ただし1月14日、2月11日は開館)、1月15日(火)、2月12日(火)※入館は午後4時30分まで
料金
有料 一般700(600)円、大高生400(300)円、中小生以下無料 ※( )は20名以上の団体料金
連絡先
栃木県立美術館 028-621-3566
関連URL
http://www.art.pref.tochigi.lg.jp/(外部サイト)
住所
〒320-0043 栃木県宇都宮市桜4-2-7
アクセス(車)
東北自動車道「鹿沼」ICより約10km(約20分)
アクセス(公共交通)
JR宇都宮駅・東武宇都宮駅より作新学院・駒生行きにて15分「桜通り十文字」バス停下車、徒歩2分
駐車場
あり(80台)駐車無料
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(33件)

紫外線指数情報
gooっと一杯 ビール1杯の価格や銘柄からお店が探せるアプリ