幕末明治の鍋島家 -大名から侯爵へ(第4期)開催中

明治維新150年を記念し佐賀県内各地で開催中の「肥前さが幕末維新博覧会」に合わせ、徴古館では佐賀藩主・侯爵鍋島家の歴史に関する特別展が開催。幕末に佐賀藩内で製造された蒸気機関車や蒸気船の雛形のほか、10代佐賀藩主鍋島直正(閑叟)公自筆の手紙や、11代直大公の明治天皇からの御下賜品、直大・栄子夫妻の仮装舞踏服は必見。第4期では、10年ぶり公開の佐賀県唯一の国宝 催馬楽譜も見ることができる。

ジャンル
展覧会
開催地
徴古館
開催期間
2018年11月6日(火)~2019年1月14日(月)
09:30~18:00
年末年始休館(12月29日~1月3日)
料金
有料 入館料400円(高校生以下無料/維新博覧会関連チケット呈示で100円割引)
連絡先
公益財団法人鍋島報效会(徴古館) 0952-23-4200
関連URL
http://www.nabeshima.or.jp/main/7.html(外部サイト)
住所
〒840-0831 佐賀県佐賀市松原2-5-22
アクセス(車)
長崎自動車道「佐賀大和」ICから市街方面へ
アクセス(公共交通)
佐賀駅バスセンターから「県庁前」または「佐嘉神社」下車
駐車場
あり(10台)徴古館利用者は2時間無料
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(32件)

周辺の施設(5000件)

紫外線指数情報
AIとチャットで気分にぴったりの旅選び