ファミリー文学館「大本靖の版画でたどる北海道四季の風景」終了

大本靖「北の桜」『銀のシリーズ』2(1977年)

大本靖(1926~2014年)は、北海道の自然をテーマに版画制作を続けた。多色刷木版の印象的な構図と色調により雄大なスケール感や繊細・可憐な表情を表現し、多くを魅了してきた作家。取材地は道内各地に点在している。今回の展覧会ではそれらの土地を訪ね歩く趣向で作品を展示し、あわせて各地にちなむ文学を紹介。展示室内をめぐりながら旅気分で北海道の自然の豊穣さ、四季折々の情景を絵画と文学で堪能しよう。

ジャンル
展覧会
開催地
北海道立文学館
開催期間
2018年12月1日(土)~2019年1月20日(日)
09:30~17:00
月曜休館 ただし、12月24日(月)、1月14日(月)は開館し、12月25日(火)、1月15日(火)および12月29日(土)~1月3日(木)休館。
料金
無料 
連絡先
北海道立文学館 011-511-7655
関連URL
http://www.h-bungaku.or.jp/(外部サイト)
住所
〒064-0931 北海道札幌市中央区中島公園1-4
アクセス(公共交通)
地下鉄中島公園駅から徒歩6分
最寄駅

幌平橋駅から徒歩6分

中島公園駅から徒歩6分

駐車場
あり(7台)
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(74件)

周辺の施設(1276件)

今日の飛散レベルやコラムで花粉対策!花粉対策特集2019
gooっと一杯 ビール1杯の価格や銘柄からお店が探せるアプリ