明治150年関連施策展示(第3回)明治期印刷局の装丁技術終了

(c)お札と切手の博物館

国立印刷局と「本作り」との関わりは、明治8(1875)年に紙幣寮(国立印刷局の前身)と太政官印書局が合併し、活版局ができたことに遡る。当時、お雇い外国人パターソンから手ほどきを受けた洋式の装丁技術は、現代にまで受け継がれている。今展では、明治期印刷局図書製品から、当時の装丁技術について紹介する。

ジャンル
展示会・展示イベント
開催地
お札と切手の博物館
開催期間
2018年9月26日(水)~11月11日(日)
09:30~17:00
休館日:月曜日(祝日の場合は、翌平日)
料金
無料 入館無料
連絡先
お札と切手の博物館 03-5390-5194
関連URL
http://www.npb.go.jp/ja/museum/(外部サイト)
住所
〒114-0002 東京都北区王子1-6-1
アクセス(車)
首都高速道路「王子北」ICより約0.5 km
アクセス(公共交通)
JR京浜東北線「王子駅」(中央口)下車 徒歩3分
最寄駅

王子駅前駅から徒歩3分

王子駅から徒歩3分

駐車場
なし 近辺に有料駐車場あり
屋内外
屋内

情報提供元:イベントバンク

周辺のイベント(9件)

周辺の施設(1049件)

全国700地点以上 今見頃の紅葉名所は?紅葉情報2019
gooっと一杯 ビール1杯の価格や銘柄からお店が探せるアプリ