全国ニュース

  • 「住みよさランキング2017」関東・東北編 関東は千葉や茨城の都市が強い

    千葉・印西に続く関東2位は茨城・守谷。つくばエクスプレスの開通で都心へのアクセスが便利になっている(写真:yoshihiro / PIXTA)

    全国の都市を対象にした東洋経済の「住みよさランキング」。今年も最新結果を「最新!『住みよさランキング2017』トップ50」(6月20日配信)でまとめたが、地域ブロック別でもみてみよう。今回は「北海道・東北、関東編」をお届けする。

    「関東」は1位印西、2位守谷、3位つくば

    「関東」ブロックのトップは、全国1位の印西市(千葉)。2位は守谷市(茨城)、3位はつくば市(茨城)だった。

    2位の守谷市は、茨城県南部に位置し、千葉県と利根川を挟んで隣接している。人口は約6.4万人(2015年国勢調査)。東京都心からの距離は約35km。つくばエクスプレスの沿線都市でここ数年は、人口・世帯数ともに増加し続けており、若い世代の住民が多いのが特徴だ。「利便度」が全国18位、「快適度」が全国25位、「富裕度」が全国65位で、この3部門が寄与している。

    3位のつくば市は、茨城県の南西部に位置し、東京都心から約50kmの距離。人口は約22.7万人(2015年国勢調査)。茨城県内では水戸市に次いで人口が多い。学術・研究都市として知られ、官民の研究機関が集積。守谷市同様、つくばエクスプレスの沿線都市で人口・世帯数ともに増加し続けている。また、大型商業施設も相次いで進出している。「利便度」が全国36位、「快適度」が全国21位、「富裕度」が全国45位で、この3部門が寄与している。

    「関東」ブロックでは、1位の印西市(千葉)から4位の成田市(千葉)までが昨年と変わっていない。5位以下では、かすみがうら市(茨城)が昨年12位から6位に、立川市(東京)が昨年29位から9位に上昇してトップ10に入った。かすみがうら市は介護施設の定員増加による「安心度」、大型商業施設の開業による「利便度」の順位の上昇が寄与した。

    立川市は大型商業施設の開業による「利便度」の順位の上昇と新設住宅着工戸数の増加による「快適度」の順位の上昇が寄与した。各都県のトップは、茨城がブロック内2位の守谷市(全国10位)、栃木が22位の宇都宮市(全国104位)、群馬が10位の太田市(全国64位)、埼玉が26位の東松山市(全国113位)、千葉が1位の印西市(全国1位)、東京が8位の武蔵野市(全国56位)、神奈川が12位の逗子市(全国73位)であった。

    「北海道・東北」は名取(宮城)が7回連続トップ

    「北海道・東北」ブロックでは名取市(宮城)が2010年以降、7回連続で1位の座を守った。全国順位は昨年8位から若干順位を下げて11位だった。名取市は宮城県の南部、太平洋沿岸に位置し、仙台市の南東部に隣接する人口約7.6万人(2015年国勢調査)の都市。市内には仙台空港がある。仙台市のベッドタウンとして発展。2011年3月の東日本大震災で大きな被害を受けたものの、震災後も人口流入や高水準の住宅建設が続いている。「快適度」が全国5位、「利便度」が全国9位で、この2部門が大きく寄与している。

    2位は天童市(山形)。山形盆地の中央部に位置し、山形市の北部に隣接。仙台市にも近いため、両市へのアクセス条件がよい。人口は約6.2万人(2015年国勢調査)。将棋駒の産地として有名。最近では、ふるさと納税の受入額が全国の自治体中3位(2015年度)となり、注目を集めた。「利便度」が全国15位、「快適度」が全国71位でこの2部門が寄与している。

    3位は新庄市(山形)。山形県北東部にある新庄盆地の中心都市。山形新幹線の終着地でもある。人口は約3.6万人(2015年国勢調査)。「利便度」が全国6位、「住居水準充実度」が全国131位でこの2部門の評価が高い。

    以下5位の東根市(山形)まで昨年と変動はなかった。昨年10月に市制施行した富谷市(宮城)が6位に入った。各道県のトップは、北海道がブロック内10位の北広島市(全国103位)、青森が8位の平川市(全国60位)、岩手が18位の北上市(全国183位)、宮城が1位の名取市(全国11位)、秋田が4位の大仙市(全国37位)、山形が2位の天童市(全国26位)、福島が7位の本宮市(全国50位)であった。

    最後は各県トップ3を一挙紹介

    2017年06月24日(土) 06時00分 - 東洋経済オンライン

続きを読む

2017年06月24日(土) 06時00分 - 東洋経済オンライン

朝~午後の紫外線指数をチェック 紫外線指数情報