神奈川県ニュース

  • 黒岩祐治・神奈川県知事に聞く(全文1)女性働きやすさ支援で人口減に歯止め

     昨秋公表になった国勢調査から、日本が人口減少局面に入ったことが明らかになりました。しかし一極集中が指摘される首都東京を中心とした東京圏では、まだ人口増が続いています。

     では、東京圏の首長は、現在どのような課題を抱え、やがて始まる人口減少社会にどのようなビジョンを持っているのでしょう 。神奈川県の黒岩祐治知事に人口減がもたらす問題点や施策、未来像などを尋ねました。(2017年6月取材)

    人口増の大都市と人口減少が著しい地域を抱える

    ── きょうは、どうぞよろしくお願いいたします。

    よろしくお願いします。

    ── 最初に、神奈川県の人口の現状をどのように把握しているか、お聞きします。日本の総人口が国勢調査で減少に転じたことが問題になっています。地方の首長からは、東京圏の人口集中に話がいくのですが、黒岩知事は首都圏の知事として、人口減少についてどのような考えを持ち、神奈川県の現状をどう見ているか、そこから話を伺いたいと思います。

    わかりました。神奈川県全体見ますと、まだ人口は増えていますね。ところが、その中をじっくり見ると、地域によって全然違います。横浜とか川崎という大都市はどんどん人口が増えていますね。ただ、それ以外のところ、特に三浦半島あたりは人口減少が非常に著しいです[グラフ1]。

    トータルとすればまだ増えてはいるのですけれども、しかし全体で見ても、人口増加はさらに続いていくかというと必ずしもそうでもない。あと、幾時かすれば頭打ちになる、やっぱり人口減少に転じていくという、こういう現状ですね。

    こんな中でどうしていくのかということの一番の基本、私は神奈川県知事として立候補するときに、「いのち輝く神奈川」、そして「マグネット神奈川」という言い方をしてきました。「マグネット神奈川」、マグネットとは磁石、磁石という引きつける力を持ったそんな神奈川にしたいという思いです。

    つまり、行ってみたいな、住んでみたいな。そういう思いがどんどん広がってくるような、そんな神奈川にしたい。それも神奈川全体だけじゃなくて、それぞれの地域地域が「マグネット力を持つことが大事だ」ということをずっと言ってまいりました。

    ですから、神奈川に来て、移り住んで、そして人口が増えることに貢献していただきたい、こんな思いは当然あるのですね。それと同時に、「いのち輝く」ということ、これを大事にしていますから、子供を産むなら神奈川、子供を育てるなら神奈川、そんなところにしてみたいなというふうに考えていますね。

    神奈川のさまざまな地域地域のライフスタイル、全部違うのですね。だから横浜、川崎のような大都会で住んで、そして大都会のそういう生活を満喫したいという方は、これはどうぞ来てください。それだけじゃなくて、例えば、三浦半島に行けば、海と農作物も非常に近いところにありますから、そういったことに触れながら、でも通勤もそんなに遠くはない。

    例えば、県の西の方に行ったら、足柄とか小田原とか、箱根とかありますけれども、こういったところで、やっぱり大自然に抱かれながら、のんびりした生活しながら、でもビジネスのほうもちゃんとできますよ、というふうな、いろいろな生活のスタイルがありますから、どんどん人が移り住んできてほしいと、こういう政策もしていくところです。

    動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=J48d0BY6dGs

    「M字カーブ」の落ち込み対策 待機児童ゼロ目指す

    ただ、それと同時に、やっぱり子供を産みたくなる環境ですね。これは非常に大事なことだと思います。神奈川県の場合、残念ながら、M字カーブの落ち込みが深い。

    これはどういうことかというと、女性を年代別にずっと追いかけてみたとき、結婚適齢期というようなところにきたときに、働いている女性がやっぱり少なくなるのです。結婚、そして出産を機にちょっと減るという、しばらくすると、またそれが子育ても一段落して、また戻ってくるという、大体こうなるとM字という形になるのですけれども、この落ち込みが神奈川の場合、非常に激しいのです[グラフ2]。

    ということは、子供を産んで、そして働きたいと思ってもなかなか働きにくい環境があるということですね[イメージ1]。これはやっぱりゆゆしき事態だなということで、何とか支えていこうと、女性が子育てしながらも働きやすい環境づくりを一生懸命頑張っているところです。

    そんな中で、例えば、待機児童ゼロを目指す。県内各地、中でも待機児童ゼロ、早くも実現したところもありましたけれども、これを神奈川県全体としても、待機児童ゼロを目指すためにあらゆる政策をやっています。

    “岩盤規制”を突破する役目・国家戦略特区を利用し、地域限定保育士提案

    我々が提案したのは、神奈川県全体が国家戦略特区に選ばれている。この国家戦略特区を利用して、年1回だった保育士の試験をもう1回やろう、この“もう1回”を、地域限定保育士という形で提案をいたしました。これは資格を取って3年間は、神奈川県だけで通用する資格ですけれども、それを過ぎると、全県、全国で使える資格になるという地域限定保育士、これを提案し実現をしました。

    この地域限定保育士によって、1年間で1330人の保育士が増えたんですね、目に見える効果があったんです。そうしたら、今度は、国が、地域限定保育士って、もう1回やるんだったら、もういっそのこと保育士の試験を年2回やっちゃおう、ということで(通常の保育士試験も)年2回になっちゃったんですね。これがまさに、“岩盤規制”を突破するドリルの役目という国家戦略特区の使命を果たしたというふうに私は思っているのです。

    ただ、神奈川県の場合にもっと貪欲に、じゃ3回目の試験を地域限定保育士でやろうということで今準備を初めている、そういったところですね。保育士が増えてくると、また、保育士がその仕事に対して皆さん注目をしてくださいというようなことをキャンペーンもやっていますから、そうすると、この待機児童ゼロに向かって進んでいくということになる、これを大きく期待をしているところです。

    イクボス宣言、外国人家事支援……「女性が子育てしやすい環境をつくる」

    それとともに、神奈川県庁でイクボス宣言というものをいたしました。育児をしたり、また介護をしたりする職員たちを応援するボスという、上司ということですね。ですから、仕事はある程度切り上げて、「育児、頑張ってきなさいよ」ということに理解を示す上司といったイクボス、神奈川県全体でイクボス宣言をいたしました。

    そしてそれを広めるための動画撮影もしたのですけれども、県庁職員がみんな集まって、自分のお子さん連れてきて、みんなで歌って踊ってということをやって動画をつくった。そのプロセスによっても、何かイクボスの精神が広がってきたなと、そんな感じもするところです。

    それから、さらに女性が働きやすい環境をつくるために、非常に大事なことは、やはり家事労働が非常に重大だと、重荷になるということをよく聞きますので、この部分に対してある程度手を差し伸べられないかと、外国人の家事支援ですね。これも国家戦略特区を使って神奈川県から提案をいたしました。そしていろんな事業者が選ばれて、今、もうその第1期が入ってきているところですね。

    こういったことによって、女性の家事支援といったお手伝いするということ、さまざまなことによって、女性が子育てしやすい環境をつくるということ。子育てしやすい環境だったら、じゃ安心して子供を産みましょう、ということにもなるだろうということによって、(将来の)人口減少に何とかして歯止めをかけたいなと思っているところなのです。

    動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=ILJCBlYiQDs

    今のままでは国民皆保険制度維持できない

    ── 女性の就業状況のM字カーブのくぼみが深い。人口減少を考えたとき、出生率の上昇と働き方の両立、女性の輝きというところで神奈川県は仕掛けを始めているところですが、地道に続けなければならない取り組みですね。もう1点、神奈川県では、人口が増える中で起こったこと、高度成長期に大量に生産労働人口の世代が入ってきたことによって、高齢化が進行している面、課題もあるかと思うのですが、そちらについての取り組みの部分についてはどうでしょうか。

    神奈川県の人口の形、1970年の人口の形を見ますときれいなピラミッドなのです。一番上、85歳以上という方が、今から思えば不思議なぐらい、あまりいらっしゃらないです。ほんのわずかです。ところが、2050年の人口の形を見ると、びっくりするのは全く逆になっているのです。85歳以上は一番多くなるという、それぐらいの圧倒的な超高齢社会ですね。そして、この進み方が、神奈川県は全国でもトップクラスに速いのです。[グラフ3]

    ですから、今のままいると、これは大変なことになる、つまり医療が崩壊するということですね。高齢者になると、病気になりがちとか、介護が必要になりがちといったこと。これが当然だし、仕方がないなといっていれば、病院は機能を果たせなくなります。こんな大量の高齢者がいらっしゃる中で、皆さんが病院に押しかけたら、病院は人を治す機能を果たせない。

    しかも世界に冠たる国民皆保険制度というのがありますね。保険証1枚あったらいつでも誰でも、どこでも高度な医療が受けられるという。ところがそういう制度だって維持することは多分できないだろうということですね。ですから、この問題に対して我々は大変な危機感を持って今対応を始めているところです。

    ※黒岩祐治・神奈川県知事に聞く(https://thepage.jp/detail/20170706-00000005-wordleaf)(全文2)に続く

    2017年07月14日(金) 10時15分 - THE PAGE

続きを読む

2017年07月14日(金) 10時15分 - THE PAGE