全国ニュース

  • 関一と実践が待つ、2次T進出をかけ16校が今週末にブロック決勝に臨む

    2回戦では日大豊山に圧勝した國學院久我山

     5月27日と28日に平成29年度全国高校サッカーインターハイ(総体)東京都予選1次トーナメントブロック決勝が駒沢補助競技場、駒沢第2競技場などで行われる。
     ブロック決勝に駒を進めた16校は関東一、実践学園が待つ2次トーナメントをかけた大一番に臨む。
     Aブロックでは暁星高等学校と東京実業が激突。Bブロックでは2016年度全国総体出場校の東海大高輪台と快進撃を続ける都立狛江が対戦する。Cブロックでは31回の全国総体出場を誇る帝京が都立東久留米総合と対決する。Dブロックで戦う2年ぶりの全国総体出場を目指すs國學院久我山は0-3から逆転勝ちを収めブロック決勝に駒を進めた都立高島との一戦。EブロックではT1リーグ所属で関東大会東京予選4強の東京朝鮮中高級学校撃破の早大学院が東海大菅生と2次トーナメント進出をかけて戦う。Fブロックでは早稲田実業と保善が、Gブロックでは2年連続全国選手権全国8強で3年ぶりの全国総体を狙う駒澤大学高等学校が5年ぶりの全国総体を目指す修徳と、Hブロックでは3年ぶりの全国総体出場を目論む成立学園が都立駒場とそれぞれ激突する。

    2017年05月25日(木) 16時50分 - 高校サッカードットコム

続きを読む

2017年05月25日(木) 16時50分 - 高校サッカードットコム

朝~午後の紫外線指数をチェック 紫外線指数情報