全国ニュース

  • 岡山県でも全国学力テスト

     全国学力テストは18日、岡山県内では国公私立554校の小学6年、中学3年を対象に行われ、約3万4千人が国語、算数(数学)の2教科4科目に臨んだ。全国学力テストに合わせ、前回まで県教委が全県統一で導入していた独自テストは今回、県教委と岡山市教委に分かれて初めて実施された。 岡山市北区北長瀬本町の大安寺中等教育学校で行われた全国学力テストには、3年生約160人が参加。注意事項を聞いた後、午前8時45分開始の国語Aから問題を読み解いた。 全国学力テストの都道府県別順位で岡山県は2016年度、小6が25位、中3が41位。県は17年度からの県政中期行動計画で従来と同様、小中とも「全国10位以内」とする目標を掲げており、結果が注目される。 中1を対象に実施してきた独自テストを巡り、県教委は17年度から方式を一新し、小3〜5年と中1、2年を対象に、民間企業が全国展開するテストを導入した。岡山市立を除く公立423校約5万2800人が国語と算数(数学)に挑み、中2のみ英語も受けた。 単独では初めての本格実施となる岡山市教委の独自テストは、市内の児童生徒に共通する課題を把握し、授業改善などに役立てる狙い。市立の小4、5年と中1、2年を対象とし、小学校は89校約1万2800人が4教科(国語、算数、理科、社会)に、中学校は38校約1万1900人が5教科(国語、数学、理科、社会、英語)に臨んだ。 2017年04月18日(火) 13時00分 - 山陽新聞

続きを読む

2017年04月18日(火) 13時00分 - 山陽新聞

雪質・積雪量・滑走情報・全国積雪ランキングなど 天気&ゲレンデ情報