全国ニュース

  • 古豪復活を誓う 浜名高サッカー部50周年

     県高校サッカー界で古豪として知られる浜松市浜北区の浜名高校サッカー部の創部五十周年祝賀会が四日夜、同市内のホテルであり、OBや来賓、保護者ら約百六十人が出席、古豪復活を誓い合った。
     浜名高サッカー部OB会(錦織正行会長)が主催した。錦織会長や日本フットボールリーグ(JFL)の桑原勝義理事長らのあいさつに続き、乾杯の音頭で歓談の輪が広がった。同校サッカー部初代監督の美和利幸さん(78)や、全国高校総体に初出場で優勝した時にDFを務めた馬淵剛行さん(63)らが出席、思い出話に花を咲かせていた。
     浜名高サッカー部は一九六六(昭和四十一)年に創部。猛烈な練習と明確な戦術で、全国高校総体で優勝二回、全国高校選手権で準優勝一回の輝かしい成績を収めた。しかし、二〇〇六年の全国高校総体に出場以後、全国大会に出場していない。
     馬淵さんは全国大会出場を目指す後輩たちに「判断のスピードを上げることと、プレッシャーに負けない選手になることが強豪チームの条件。そのためには、毎日の反復練習が欠かせない」とエールを送っていた。
     浜名高サッカー部OBは約六百人。日本サッカー界に多くの選手や指導者を送り出している。
    (川住貴) 2017年03月05日(日) 05時00分 - 中日新聞プラス

続きを読む

2017年03月05日(日) 05時00分 - 中日新聞プラス

雪質・積雪量・滑走情報・全国積雪ランキングなど 天気&ゲレンデ情報
ポトラ
アンケートのお願い