全国ニュース

  • 児童生徒が試験に臨む 全国学力テスト

     小学6年生と中学3年生を対象にした文部科学省の2017年度全国学力テストが18日、全国で一斉にあった。和歌山県内でも児童生徒が国語と算数・数学の試験に臨んだ。結果は例年、8月ごろに公表される。

     教育施策の成果と課題を検証し、学校での指導の充実や学習状況の改善に役立てるためにしている。問題は教科ごとに知識を問う「A」と活用力を問う「B」がある。生活習慣や学習環境に関する調査もする。

     県内の対象は公立の小学校(特別支援学校を含む)235校約7600人と、中学校(同)121校約7800人。全国では11日時点で、国公立と私立の2万9850校約212万8千人が参加予定。

     文部科学省は例年、8月ごろに都道府県別の調査結果を公表している。県内では昨年度、全8教科のうち7教科が全国平均を下回った。特に小学国語「A」、中学国語「B」が全国最下位と低迷した。 2017年04月18日(火) 17時00分 - AGARA 紀伊民報

続きを読む

2017年04月18日(火) 17時00分 - AGARA 紀伊民報

雪質・積雪量・滑走情報・全国積雪ランキングなど 天気&ゲレンデ情報