神奈川県ニュース

  • 九州四国県人は入院日数長い&新規入院多い?関東人の医療費の少なさ鮮明

     少子高齢化の進展が日本にとって最大の社会問題となり、医療費は大きな財政負担となっている。では、一人にかかる年間の医療費はどの程度なのだろうか。

     厚生労働省が発表した「2014年度医療費の地域差分析」から、「国民健康保険」「後期高齢者医療制度」、両者合算の医療費について、都道府県別に一人当たりの医療費が多い都道府県と少ないそれの上位5位を取り出してみた。さらに、各項目については「入院」「入院外と調剤」「歯科」とその合計で上位5位を取り上げた。

     その結果、非常に興味深い傾向が見られた。まず、特徴的なのが「歯科代」だ。歯科代が高いのは、国民健康保険でも後期高齢者医療制度でも、大阪府がトップ。さらに、同様に兵庫県と広島県も国民健康保険と後期高齢者医療制度で上位5位に入っている。

     一方、傾向が明らかなのは、医療費が多い都道府県としては九州と四国の県が多く、逆に少ない都道府県としては関東の都県が多いということ。また、沖縄県も医療費が少ない。では、各項目ごとにみてみよう。

    ●市町村国民健康保険:都道府県別1人当たり実績(単位:千円)

    (1)医療費が多い

    入院       入院外+調剤    歯科       合計
    鹿児島県 181   香川県  209   大阪府  29   島根県  406
    大分県  180   広島県  207   広島県  28   山口県  406
    島根県  179   山口県  205   岡山県  27   香川県  400
    佐賀県  176   島根県  204   兵庫県  27   大分県  396
    長崎県  176   岡山県  198   香川県  27   佐賀県  394

    (2)医療費が少ない

    入院       入院外+調剤    歯科       合計
    東京都  101   沖縄県  136   沖縄県  17   沖縄県  284
    愛知県  102   茨城県  161   青森県  20   茨城県  286
    茨城県  103   群馬県  164   福井県  20   東京都  291
    埼玉県  106   東京都  165   栃木県  21   栃木県  297
    千葉県  107   千葉県  167   鹿児島県 21   千葉県  298

     国民健康保険は、入院で医療費が多いのは島根県を除くと、すべて九州。一方、入院外+調剤では香川県を除くとすべてが山陰・山陽地域となっている。厚労省によると、「鹿児島県や佐賀県では平均在院日数が長く、大分県では新規入院発生率が高い」としている。
     
     一方、医療費が少ないのは、入院では愛知県を除くとすべて関東、入院外+調剤でも沖縄県を除くとすべて関東となっている。

    ●後期高齢者医療制度:都道府県別1人当たり実績(単位:千円)

    (1)医療費が多い

    入院       入院外+調剤    歯科       合計
    高知県  685   広島県  501   大阪府  48   福岡県  1164
    福岡県  654   大阪府  479   広島県  41   高知県  1129
    沖縄県  618   福岡県  470   福岡県  40   北海道  1079
    鹿児島県 605   愛知県  465   東京都  39   長崎県  1072
    北海道  604   兵庫県  460   兵庫県  37   広島県  1053

    (2)医療費が少ない

    入院       入院外+調剤    歯科       合計
    新潟県  343   新潟県  366   青森県  19   新潟県  737
    岩手県  350   富山県  375   鹿児島県 22   岩手県  752
    静岡県  354   沖縄県  375   富山県  22   静岡県  783
    青森県  365   長野県  376   石川県  22   千葉県  790
    千葉県  369   岩手県  377   沖縄県  22   秋田県  793

     では、後期高齢者医療制度ではどうか。こちらは、比較的に地域的な強い傾向はなく、医療費が多い都道府県として、北海道から九州、沖縄県まで出ている。厚労省によると「高知県や北海道では平均在院日数が長く、沖縄県は新規入院発生率が高い」という。

    ●市町村国民健康保険+後期高齢者医療制度:都道府県別1人当たり実績(単位:千円)

    (1)医療費が多い

    入院       入院外+調剤    歯科       合計
    高知県  362   広島県  311   大阪府  35   高知県  658
    鹿児島県 336   香川県  300   広島県  33   山口県  645
    山口県  330   島根県  288   福岡県  31   佐賀県  628
    大分県  325   山口県  288   兵庫県  30   大分県  627
    長崎県  321   佐賀県  284   愛知県  29   鹿児島県 625

    (2)医療費が少ない

    入院       入院外+調剤    歯科       合計
    千葉県  178   沖縄県  188   沖縄県  18   千葉県  431
    埼玉県  181   千葉県  227   青森県  20   埼玉県  438
    神奈川県 184   埼玉県  231   福井県  21   沖縄県  442
    東京都  184   群馬県  233   鹿児島県 21   茨城県  442
    茨城県  184   茨城県  235   石川県  21   栃木県  450

     国民健康保険と後期高齢者医療制度の合算が大きいのは、九州・四国の県が多い。合計では九州で長崎県、大分県、鹿児島県、四国で高知県が上位5位に入っている。厚労省では「高知県や鹿児島県では平均在院日数が長く、長崎県では新規入院発生率が高い」と分析している。

     一方、医療費が少ない都県では、関東が圧倒している。入院では上位5位までのすべてが関東、入院外+調剤では沖縄県以外は関東、合計でも沖縄県以外は関東勢という結果になっている。
    (文=鷲尾香一/ジャーナリスト)

    2016年10月26日(水) 06時11分 - Business Journal

続きを読む

2016年10月26日(水) 06時11分 - Business Journal