神奈川県ニュース

  • ティア Research Memo(3):名古屋を地盤に中部、関西、首都圏で、直営47店、FC 39店の計86店と拡大中

    ■事業概要

    (2)店舗数の推移

    店舗数は、2016年9月末時点で直営店が47店舗、FC店が39店舗の合計86店舗と年々拡大している。地域別で見ると、直営店は名古屋市内で25店舗、名古屋を除く愛知県で16店舗、大阪府3店舗、埼玉県2店舗、東京都1店舗となり、FC店では大阪府12店舗、岐阜県12店舗、愛知県9店舗、三重県3店舗、和歌山県、神奈川県、茨城県で各1店舗となっている。FC加盟社数は10社で、最も多く出店しているのが南海電気鉄道<9044>の子会社である南海グリーフサポート(株)の13店舗となっている。

    2016年9月期の新規出店は直営店で4店舗(名古屋市内1店舗、愛知県下2店舗、東京都1店舗)、FC店で3店舗(岐阜県、神奈川県、茨城県各1店舗)となっている。このうち、東京の店舗については、ティア<2485>として新たな出店形態となる「葬儀相談サロン」として出店し、今後も都内ではサロン形式での店舗展開を進めていく計画となっている。また、FC店のうち神奈川と茨城の店舗は、それぞれ2015年3月に新規加盟した(株)ベイ・ラミュール、 (株)いっしんの初出店となっている。

    なお、地盤となる名古屋市内の店舗数は25店舗と直営の約5割、全体の約3割を占めている。名古屋市内の斎場利用シェアで見ると、2016年9月期で22.4%(2011年9月期は19.2%)と年々上昇傾向となっており、地域内シェアで2番手グループに位置している。

    (執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲) 2016年12月14日(水) 15時31分 - FISCO 株・企業報

続きを読む

2016年12月14日(水) 15時31分 - FISCO 株・企業報