昭和初期航空写真(東京23区)

昭和初期航空写真では米軍が撮影した昭和22年(1947年)や昭和38年(1963年)の東京23区内の航空写真をご紹介します。
現在の航空写真と見比べたり、地図を重ね合わせる事で、街並みの変化を確認頂けます。
昭和22年の航空写真は、エリアによって画像の粗い部分ございますがご容赦下さい。

ピックアップ

  • 鍛冶橋(S22年)
    橋がないのに橋とつく交差点を見かけます。八重洲口南口方面の鍛冶橋交差点もそのひとつですが、S22年当時にはまだ橋があった事を確認頂けます。
  • 勝鬨橋(S22年)
    勝鬨橋は今も昭和22年当時も同じ場所にあった事が確認頂けます
  • 駒澤公園(S22年)
    競技場などの面影は全くなく田園風景が広がっています
  • 羽田空港(S22年)
    現在の広さと比較すると小さい事がよくわかります。ズームインして頂く事で当時の飛行機を確認頂けます
  • 駒澤公園(S38年)
    東京オリンピックに向けて競技場など建設中の建物が目立ちはじめました
  • 代々木体育館(S38年)
    まだ建設中ですが現在の第一体育館の輪郭がうっすらと現れています
  • 後楽園球場(S38年)
    数々の記憶に残る試合が繰り広げられた後楽園球場を上空からご覧頂く事ができます
  • 帝国ホテル(S38年)
    フランク・ロイド・ライトに設計されたライト館を上空からご覧頂く事ができます
  • 有楽町駅前(S38年)
    数寄屋橋交差点には旧日劇ビル・旧朝日新聞社東京本社ビルが立ち並んでいました
  • 恵比寿駅前(S38年)
    駅前に広がるビール工場で「エビスビール」を製造していたが恵比寿駅名の由来とも言われているようです
  • 汐留(S38年)
    今では高層ビルが立ち並んでいますが、当時は貨物専用駅でした
  • 豊洲(S38年)
    現在のららぽーと豊洲が旧石川島播磨重工業の造船ドックであった事が上空から確認頂けます
  • お台場(現在)
    テレビ局や展示会場が立ち並ぶお台場ですが、当時はまだ海でした
    S22年航空写真で確認
  • 六本木ヒルズ(現在)
    森ビルやミッドタウンなど当時の六本木周辺の様子を上空からご覧頂く事ができます
    S22年航空写真で確認
  • 新宿副都心(現在)
    超高層ビルが立ち並ぶ西新宿が昭和38年時は浄水場だった事が上空から確認頂けます
    S38年航空写真で確認
  • サンシャインシティ(現在)
    巣鴨プリズン跡に建設されたサンシャインシティ
    S38年航空写真で確認

渋谷周辺

渋谷駅周辺にはまだ建設中のビルが目立ちます。
渋谷駅から渋谷公園通りを抜けた先の渋谷区役所やNHKが建設中でまだ空き地である事や渋谷駅から路面電車が走っている事も上空から確認頂けます。

昭和22年
昭和22年

昭和38年
昭和38年


現代

東京駅周辺

丸の内口には以前の丸の内ビルディング、新丸の内ビルディングや現在は重要文化財に指定されている東京駅駅舎を確認頂く事ができます。
八重洲口には目だったビルがまだなく、昭和22年は八重洲口駅前がまだ外濠であった事が上空から確認頂けます。

昭和22年
昭和22年

昭和38年
昭和38年


現代

昭和航空写真を見る
航空写真
イルミネーション特集