和歌山県のQ&A(13件)

  • 締切済

    質問【巨大地震の衝撃の事実】日本の地震は2枚のプレートが押し合って力が拮抗して身動きが取れなくなって耐え

    • 2016/4/27
    • japanway

    【巨大地震の衝撃の事実】日本の地震は2枚のプレートが押し合って力が拮抗して身動きが取れなくなって耐え切れなくなったプレートが上に跳ね上がって大地震が起こると思っていたが、実はプレートがぶつかり合って巨大地震が起こっているんじゃなくて、日本が中国から離れて太平洋側に移動を今も続けていると言ったら辻褄が合うのでは?

    この辻褄だと熊本大分地震の次に巨大地震が発生する場所は2箇所しかない。

    1カ所目は名古屋。

    2箇所目は日本海側の島根とか。

    この2つしか考えられない。

    日本が今も太平洋側に移動を続けているって信じられますか?

    日本海側から押されて、太平洋側の陸地は多分、徐々に標高が上がり続けていると思う。

    堤防が高くなっていっている。

    これは海面が低くなったんじゃなくて日本の太平洋側の陸地が年々盛り上がり続けていると思われる。

    プレート同士が押し合ってるんじゃなくて太平洋側のプレートを日本の国土全体で押している。

    特に太平洋側のとんがっている和歌山県、富士山の南側の静岡県、千葉県が第3にヤバい。

    どう思います?

    熊本大分地震の次に巨大地震が起こる場所ベスト5
    1位 名古屋
    2位 島根
    3位 静岡県
    4位 千葉県
    5位 和歌山県

    どうでしょう。

    続きを読む

  • 回答

    • 2016/4/27
    • Walkure1500
    • ベストアンサー

    推論・諸説ご尤もです否定は出来ません、
    予想も鋭いです、

    しかしながら、プレートテクニクス理論にしても幾多の学者がある意味皆さんが勝手に唱えて通り相場に成ってるに過ぎませんよね、

    本当の事は誰にも判らない、

    そもそも、プレートに載ってるのかどうかすら誰も目にした事も、見た事すら有りません、地下数十キロの岩盤にすら到達する事は不可能です、

    ましてや、相手は数百年・数千年或いは数万年単位の話です、人間の寿命を遥かに凌駕してます、
    科学的な計測方法で移動してることだけは計測できるでしょう、年間数センチの様です、
    其れが10cm移動すれば岩盤が割れるのか、それとも1mなのかさえ、
    どれだけひずみが溜まれば滑りを起こすのかなんてのは更に判らない事です、
    全ては相手次第です

    かつて現インド洋と呼ばれてる洋上に有ったインド亜大陸が北上して(プレートの移動に伴って)ユーラシア大陸と出会いぶつかり押し上げてヒマラヤが造山されたという学説もある程度の信憑性も有りますが本当かどうかはまるきり判りません、

    かつて、ユーラシア大陸からプレート移動で切り離されたと言われる日本列島弧、
    この理論も信憑性も有る様には見えますが真実はどうなんでしょう?、

    此れが現実です、

    要するに、全く何も判らないのが現状です、

    人類が後5万年くらいデータを蓄積し続けられればひょっとしたら少し位は予測が出来るのかも知れませんね、

    それまで人類自体が持ちこたえる事が出来るのかさえ丸きり闇の中です、

    仰る箇所(以外の所も含めて)何処かではやがては揺れるでしょうね、

    判れば良いですね、

    地震が起こった後での理由付けは学者でなくてもある程度は判るのではないでしょうか?。

    続きを読む